孫三郎グループの美味しい肉
肉へのこだわり

A5等級黒樺牛を一頭買い

熊本ブランド最高級黒毛和牛「黒樺牛(くろはなぎゅう)」。
のびのびとした九州の大自然と熟練の育成システムで育てられた牛を丸ごと一頭買いつけることによって、安定した品質とお求めやすい価格を実現しています。

「黒樺牛」ブランド、信頼のその理由

人吉の肥沃な大地

肥沃な大地が生む気候と水

人吉・矢岳牧場は夏でも涼しい高地の気候。「黒樺牛」は暑さに弱い牛たちにも快適な環境で、滋養豊富な牧草とマザーウォーターと呼ばれる多摩川水系の地下水を飲んで育っています。

杉本本手の母乳で育った牛

徹底した生産管理システム

「黒樺牛」は繁殖から育成、出荷までの一貫した生産管理システムが特長です。産まれたての子牛の母乳育成、子牛と母牛の共に暮らす時期の管理など、常に健康と成長を観察しています。

仕入れるまでも、仕入れてからも職人技

枝牛を真剣に見極める職人の図

熟練の目利き職人が選んだ上質の個体

厳しい審査の末、出荷された「黒樺牛」の中でも、孫三郎は職人が厳選した個体を仕入れています。職人にしかわからないわずかな差を逃さないよう買い付けの際には直接工場まで足を運び、枝肉を一頭一頭確認しながら時節に応じた最高の個体を選びます。

孫三郎の塊肉

新鮮さも安心も感じて欲しいから

600kg前後することもある大きな枝肉は、職人の手で部位毎に切り分けられます。孫三郎では焼肉孫三郎の2店舗で大きなショーケースに丸ごと一頭分の肉を展示しております。お客様が今から口にする食材だからこそ、その新鮮さを見ていただきたい。安全のために個体識別番号も掲載してあります。

孫三郎のタレへのこだわり
タレへのこだわり

2人のタレ職人

全てが手作りの孫三郎のタレ。一般の材料と調理法では決して真似できないその手法は2人のタレ職人によって培われています。合成保存料を一切使わず、20種類以上の産地直送の無農薬野菜と果物のみを使用したタレは、つけだれ・もみだれ共に完成するまでにはかなりの時間を要します。

厳しい審査を通過したタレが店頭に並びます

厳しい審査を通過したタレが店頭に

職人はわずかな味の違いも見逃しません

わずかな味の違いも見逃さない

米へのこだわり

九州各地から“選ばれた米”

年に3回、肉に合うお米を選ぶために九州各地のお米を取り寄せて試食しています。お米の味はその年の気候や育て方・保管方法に左右されるため、定期的な品質のチェックが欠かせません。

自家精米だから美味しい

美味しいお米といえば”つきたて”。孫三郎には自家精米の設備があります。必要分をその都度精米するので、精米したてのお米をお出しすることができるのです。

お店にある精米機

仕入れたお米はお店で精米

孫三郎のホルモン
ホルモンへのこだわり

週2回。 車で4時間

美味しさの秘密のひとつは「新鮮」であること。と畜後、翌日には新鮮なホルモンをご提供できるよう、週2回、内臓一腹分を車で4時間かけて仕入れています。

下処理を丁寧にしているため、白いセンマイ刺しなどもお楽しみいただけます。においや臭みは一切ありません。新鮮ホルモンならではのプリプリ食感をお楽しみいただけます。

安全へのこだわり
安全へのこだわり

体に取り込む大切なものだから

孫三郎では安全・安心を第一に人工的に作られた加工肉や成型肉は一切使用しておりません。

厳選された黒毛和牛を独自のルートで仕入れ、個体識別番号や検査結果通知書、生産者・生産地を明確にしています。熊本の元気のため地産地消に努め安心安全なお肉をご提案しております。

孫三郎の検査結果証明書 孫三郎の営業許可証には生食用牛肉の加工が認められている

生肉への挑戦

美味しさと安全、その両方を感じて欲しい。そんな思いから焼肉業界でも衛生面に配慮した限られた店舗しか出すことのできない生肉の取扱に挑戦いたしました。

グループ内2店舗(2018年9月現在)で熊本県初の生食用食肉取扱位施設の認定を受けています。この認定によりユッケや牛刺しといった生肉をお出しすることが可能になりました。

TOPへ向かう
孫三郎グループ
焼肉孫三郎のロゴ 炭焼グリル孫三郎 焼肉厳選孫三郎

(C)2018 Sakura Corp. All Rights Reserved.